滋賀県野洲市のきた歯科医院です。歯周病、虫歯の予防歯科、セラミック冠やホワイトニングの審美歯科、小児歯科、矯正歯科、義歯、顎の治療、訪問診療などを行っています。

きた歯科医院 Kita Dental Clinic
 〒520−2331  滋賀県野洲市小篠原2215  予約制になっております
TEL 077−588−5885本文へジャンプ  予約・お問い合わせ                        
 コンテンツ


  入れ歯 (義歯) <歯の治療のメニュー>
   
 
※金属義歯は、和田精密歯研 栗東営業所に技工製作を依頼しています。

    
入れ歯(義歯)とは、虫歯や歯周病などの原因で複数の歯を失ってしまった場合に、歯の無いところを補う取り外しタイプの装置のことです。
入れ歯には大きく分けて、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)とがあります。また、使用する材料質により、金属入れ歯とプラスチックの入れ歯とがあります。
入れ歯の治療では、保険の治療であればプラスチックの入れ歯しか選択できません。保険の治療では、半年間は同じ欠損の場所の入れ歯を作り直すことが出来ないルールがあります。
プラスチックの入れ歯は、噛む機能にはまったく問題ありませんが自費の金属の入れ歯に比べると、快適さや食べ物の味わいで劣る部分があります。特に、強度が十分に強くないので、かんだ際にたわんでしまい、歯ぐきを傷つけたり、長期間の使用により歯ぐきの骨がやせたりします。そのために、金具やプラスチックが擦り減ったり、折れたりしやすくなり、定期的な点検や入れ歯の調整、場合によっては、修理や作り直しが必要になります。
 
保険外・自費による治療の入れ歯では、様々な材料(金属、強化プラスチック)が使用できます。特に、チタン合金は、軽くて丈夫で体に優しいもの(アレルギーの少ないもの)です。
治療の際には患者様の状態にあわせ適切なものを、ご提案させて頂いております。    
ご予算やお口の中の状態により数種類を選択できますので、お気軽にスタッフ、院長までご相談ください。
受付に一部サンプル、資料をご用意しております。
詳しくは、当歯科医院で診断の上ご相談させて頂きます。    
 
   
種類> 自費の入れ歯 自費の入れ歯 自費の入れ歯
ハイグレードタイプ ハイグレードタイプ ハイグレードタイプ
主材料> 金・プラチナ ステンレスメッシュ 純チタン、チタン合金
特徴>
総入れ歯 金 プラチナ 総入れ歯 味のわかる 総入れ歯 チタン 総入れ歯
部分入れ歯 金 プラチナ 部分入れ歯 味のわかる 部分入れ歯 チタン 部分入れ歯
昔から体に安全とされる金やプラチナを主原料にした合金です。仕上がりの美しさはもとより、鋳造性に優れているので、ぴったり合いやすく、お口の中では心地よい接触感です。いろいろな食べ物の味もそのまま美味しくいただけます。部分入れ歯の場合、金属のしなやかさがバネをかける歯のダメージを少なくします。金属の再利用も可能です。 網目状にミクロの孔が無数にある特殊な金属を使っていますので、水分が通過できます。この孔によって食事の時の味も温度も瞬時にお口全体に広がり、特にビールの泡などは口全体で直接実感できる入れ歯です。部分入れ歯については、大部分の歯が抜けてしまった上あごの部分入れ歯に適用できます。 チタンは体内に埋め込むことが出来るほど、アレルギーが最も少ない安全性の高い金属です。口の中では金属味がほとんどありません。金に近い硬さの純チタンとプラチナに近い硬さのチタン合金があり用途に応じて使い分けをします。チタン合金は、通常はシルバー色ですが、特殊な加熱処理をすることにより、ゴールド色となり、お口の中を明るく見せることも出来ます。ご希望の方はお申し出下さい。
丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
体へのやさしさ
食べ物の味わい
軽さ
トータル評価
 
種類> 自費の入れ歯 自費の入れ歯 保険の入れ歯
スタンダードタイプ エコノミータイプ
主材料> 硬質
コバルトクローム合金
コバルトクローム合金 プラスチック レジン
特徴>
総入れ歯 コバルトクローム 総義歯 エコノミー 総入れ歯 保険 レジン 総入れ歯
部分入れ歯 コバルトクローム 部分入れ歯 エコノミー 部分入れ歯 保険 レジン 部分入れ歯
永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。スタンダードタイプには超硬質の材料を使用することで丈夫さや薄さを限りなく追求し、自然に近い装着感や快適感が得られます。人工歯の埋め込み部分に金メッキをほどこすことにより、プラスチック部分を自然な色に仕上げることもできます。通常はシルバー色ですが、金メッキ処理をすることにより、ゴールド色となり、お口の中を明るく見せることも出来ます。ご希望の方はお申し出下さい。 永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。エコノミータイプは金属床の基本的な良さを生かしたお求めやすい入れ歯です。 部分入れ歯も基本的な良さを生かしつつも、歯にかかるバネのデザインを限定するなどして、同じくお求めやすい入れ歯になっています。お口の状態によっては、設計の制限があり、適用できない場合もございます。ゴールド処理は適用できません。 保険では使用できる材料やデザインには制限があります。基本的に、すべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという基本的な機能については変わりません。保険の入れ歯で慣れて頂いてから、自費の入れ歯をお作り直しすることもお勧め致します。保険の入れ歯は、半年から2年位が耐久年数と考えます。金属の入れ歯は、3年から5年以上が目安となります。
丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
快適さ
食べ物の味わい
軽さ
トータル評価



種類> 自費の入れ歯
スマートデンチャー
材料> チタン合金または
コバルトクローム合金
専用ポリカーボネート樹脂
特徴> 外側の金具がない入れ歯
保険の入れ歯の設計
スマートデンチャーの設計
従来の外側の金具が無い設計を取り入れた入れ歯が、最近導入された「スマートデンチャー」です。最大の特徴は、見た目の美しさを追求し、さらに機能性、安全性をも備えた新しい入れ歯であるという点です。これまでの金属入れ歯と比べて、見た目が綺麗なため、入れ歯と気付かれないほどです。これまでに、見た目の美しさを重視される方のニーズにお応えしています。お口の中の状態によっては、適用できない場合もありますので、診断の上ご相談致します。(奥歯に従来の金属製の金具を併用する場合もあります。多数の歯が欠損している場合は、咬む力を高めるために、従来の金具を使用することをお勧めします。)この義歯の内部には、チタン合金やコバルトクローム合金を用いて補強し、さらに専用のポリカーボネート樹脂で丈夫に歯ぐき部分を製作します。この素材は薬事で承認されており、安全性が高く、安心して使用できます。身体に優しく、無味・無臭です。吸水性がほとんど無いため、汚れ・臭いの発生が少なく、装着時の違和感が少ないです。

 

 ご質問などがございましたら、院長、スタッフまでお気軽にご相談下さい。
Copyright(C) Kita Dental Clinic. All Rights Reserved.

ページトップへ